【不登校、引きこもりビジネスに要注意】契約終了後の個人情報漏れと嫌がらせの恐怖

アフィリエイト広告を利用しています。
不登校支援ビジネスに要注意 学校教育・不登校等

X(ツイッター)で見つけた、不登校支援者のモンタさん(仮名)と契約を打ち切るまでの話を以前に書きました。

【不登校、引きこもり支援ビジネスに要注意!】支援者と契約を打ち切るまで

  • 契約を切った途端、モンタさんの取巻き達からX(ツイッター)で嫌がらせを受け続けたこと。
  • 私たちの個人情報を漏らされていたこと。

を今回は記事にしました。

やり取りを始める前に、モンタさんから送られてきた契約書には、

やり取りした内容、個人の名前、住所、地域等、プライバシーに関する事項は他言いたしません。

とありました。

なのにモンタさんは、こちらの許可を取る前に

  • こちらの連絡先を自分が支援している子ども達に教える。
  • 娘が取った写真、娘の声、部活、地域をX(ツイッター)やブログで投稿。
  • 情報が詰まったスマホ2台を紛失

など情報を漏らしてしまいました。

すずらん
すずらん

個人情報は一度漏れたら取り返しがつきません。背筋が凍りました。

このモンタさん。

X(ツイッター)では暖かい文面で、こんな

優しい顔のアイコンを多用するので、本当にいい人に見えます。

そして、取巻きアカウント達が大絶賛。

引っ掛かってしまう人は多いと思います。

結論、SNS上で本名や会社の方針などを明らかにしていない支援者は、関わらない方が無難です。

不登校や引きこもりで誰かに相談したい方にこの記事を読んで頂き、嫌な思いをしないで済んでもらえたら嬉しいです。

支援の契約を打切った日から、嫌がらせが始まる

モンタさんの本性に気づいてしまったので、一日も早く縁を切りたくなりました。

すずらん
すずらん

もうやり取り終了で大丈夫です。

そうモンタさんにメールをした1時間後、

元不登校高校生だというアカウントAが、

私のギフテッドに関するポストを引用して、批判してきました。

ギフテッドなんて、もうはやらないよね!

その後、

別の元不登校生数人というアカウントBが、私の別のポストを引用批判。

なんか文句ばっかり言ってるよね。この人の子どもは大変だよね

Aのアカウントの過去ポストをチェック。

すると、モンタさんのポストを引用して

この人が僕の不登校マインドに付き合ってくれた人

とありました。

モンタさんに「契約を打切りたい」メールを送ってすぐに、匿名の私のアカウントにAのアカウントに絡んできたのです。

  1. 私たちの個人情報が、モンタさんからAアカウントに伝わった。
  2. Aアカウントはモンタさんの裏アカウント。

のどちらかとしか考えられません。

私の匿名のアカウントなのにモンタさんと契約を打ち切ったことを知っているのですから。

契約を打切った後にモンタさんの態度が急変

すずらん
すずらん

AとBのアカウントにX(ツイッター)上で絡まれています。

こちらの情報を漏らしてませんか?

メールにそう書いて、AとBのポストのURLをモンタさんに送りました。

するとモンタさんから電話がありました。

第一声がなんと

モンタさん
モンタさん

なぜ他人のアカウントのURLを私に送ってきたんですか?
法的にマズイですよ!

すずらん
すずらん

法的にマズイ?何のことでしょうか???

モンタさん
モンタさん

X(ツイッター)のアカウントって、名刺みたいなものですよ。

これを私に送ってきちゃって、どうしてくれるんですか?もう消せないんですよ!

モンタさんは、普通のメールには返信してくれません。

なぜかショートメール(SMS)しか使わないので、私も合わせていました。

SMSに送ったメッセージは確かに削除できません。

他人のアカウントのURLをモンタさんに送ったことの何が悪いのか?理解できず頭が真っ白に。

すずらん
すずらん

このアカウントから嫌がらせを受けてるんです。こちらの情報はすぐ破棄してください。

とやっとの思いでお願いしたところ、

モンタさん
モンタさん

破棄しますし、漏らさないに決まってるじゃないですか。さっきから失礼ですよ!

と強気の回答。

よく考えたら、失礼なのはモンタさんです。

すでにこちらの情報をさんざん他人に漏らしていたのです。

でも電話が苦手な私は、頭が真っ白になるとすぐに反論できません。

モンタさんはその後、「Aのアカウント所有者を支援していたことがある」と認めました。

でも

モンタさん
モンタさん

この子は今は違う施設にいるから、直接は話せない。

自分には非がない、なんでこのアカウントURLを送ってきたんだ!

という趣旨の事を繰り返しいわれました。

この時のモンタさんは、契約していた時とは全くの別人。

とても子どもを支援する人には思えませんでした。

日ごろのポストは、ビジネス用に優しく見せているのだと分りました。

ネット上にあるデータは、著作権を侵害しないかぎり引用しても法的に問題がないことを確認しました。

そもそもX(ツイッター)の共有機能で送ったのだから、合法に決まってます。

法的にマズイのなら、X(ツイッター)にその機能はないはず。

合法だと分かりやすく説明したサイトのURLを添付して、モンタさんに送りました。

契約を止めたかった理由と、今までやり取りしてくれたお礼も添えて。

丁寧に言葉を選んで。

ところが、返信はありませんでした。

「法的にマズイことしやがって!」と濡れ衣を着せておきながら。

完全に無視されました。

モンタさんの口車に乗せられ延長したせいで、1か月分余計に支援料も払ったのに。

ま、本性が分かったというものです。

モンタさん
モンタさん

コミュニケーション力抜群のこのモンタが、コミュ障を改善します!

とポストしていますが、どこがコミュ力抜群なのでしょう?

あの丁寧なメールに返信すらしないのに?

この電話のような粗末な対応で?

子どもに一方的に話しかけ、たまたまうまく行った数人にヨイショされて、「自分はコミュ力が高い」と勘違いしるのでは?

何度も個人情報を漏らしていた支援者、モンタさん

子ども達とやり取りしているスマホを2台とも紛失

契約中にモンタさんは、持っているスマホを2台いっぺんに紛失しました。

支援している子とその家族の個人情報が詰まったスマホを失くすとは!

そのことを指摘すると、次のように開き直りました。

モンタさん
モンタさん

だから!失くしてすぐに、お母さんに連絡してますよね!

失くしてすぐに連絡をくれたところで、

こちらは電話番号を変えることも、引っ越すことも、LINEのIDを消すことも

そう簡単にできないのに、どうしろと言うのでしょう?

スマホは結局その後も、見つかっていないようです。

モンタさんが勤めている施設に通う子ども達に、娘の住所を漏らす

モンタさんが勤めている施設のお子さんから

「モンタさんとのやり取りを続けてほしい」と娘に相次いで手紙が来ました。

こちらの住所とあて名は、お子さんの字で書いてありました。

なのに送り主の情報は封筒にも手紙の中にも、住所どころか記名すらありません。

つまり、あちらのお子さん達は名前も教えてくれないのに、

娘の名前と住所は断りもなく、モンタさんが勤めている施設の子ども達に知らされているのです。

教室の飾りつけ写真を娘に送らせ、無断でSNSに投稿

学校にいる間は、スマホ使用禁止のルールがあります。

ましてや校内の写真を撮ってSNSに投稿するなんて、退学させられても文句は言えません。

モンタさんは学校で禁止されていることを知りながら、娘にイベント時の写真を撮らせてそれをX(ツイッター)に投稿したのです。

しかも

「私がお世話をしている、中学〇年女子、△部 学校に内緒で写真を送ってくれました!」

娘が所属している部活まで書いてしまいました

同じクラスの生徒が見れば、自分のクラスの写真だと分ります。

その部活に入っているのは、娘一人。

容易に誰が写真を撮ったか、特定されてしまいます。

ポストに投稿した次の日に、私に事後報告してきました。

モンタさん
モンタさん

お母さんが嫌なら、次からは止めます。

とモンタさん。

「次から」では困ります。

今すぐそのポストを消してください!

そのくせモンタさんは、「X(ツイッター)を本名でやっていないのは、勤めている施設に迷惑がかかるから」と自分たちの情報は漏らさないように気を付けています。

すずらん
すずらん

私たちの情報は簡単にさらしてしまうくせに。非常識にもほどがあります。

その後も続く、X(ツイッター)上の嫌がらせ

ここで終わりではありませんでした。

その後も嫌がらせが続き、あまりにしつこいので鍵かけました。

「鍵をかける」とは、ポストを自分のフォロワーさんだけにしか見れなくすること。

AとBアカウントは私のフォロワーではないので、見れないはず。

ところが、

「鍵かけても見れますから。裏切る大人、弱い大人がよくやる行為ですw」

とAがポスト。

鍵をかけた後も、私のポストの内容を明らかに読んでいるとわかるポストを続けていました。

契約を切った後もまだ、私のアカウントからフォローを外さないモンタさん。

当然、鍵をかけても私のポストを見ることができます。

『ブロ解』と言って、フォロワーのアカウントを一度ブロックして、ブロック解除すれば強制的にフォローを外せます。

試しにモンタさんのフォローをブロ解で外してみると直ぐにAのアカウントが、

「そうだよ、ブロ解すればいいんだよ。でも知り合いとやり取りしてるから、まだ見れるけどね。」

とポストしました。

すずらん
すずらん

こわっ!

Aアカウントは、モンタさんの裏アカとしか思えません。

鍵かけても嫌がらせされるなら、鍵かけるのを止めよう。

開き直ってこのポストをしたところ、自分のフォロワーに本性がバレるのを恐れたのでしょう。

モンタさんの名前は出してないのにAアカウントが

「早く消さないと、法的にマズイからね!」

「まだ消さないの!嘘つき、裏切り者!」

としきりに脅しのポストを続けていました。

X(ツイッター)上で人の本性を見抜くのは難易度が高い。

AとBのアカウントは、同じ人でした。

全く同じ内容のポストしていたので分かりました。

不登校の親御さんや、他の支援者の非難も続けています。

他の支援者はライバルですから、商売のジャマなのでしょうね。

そして相手からブロックされると、

「○○にブロックされましたー!」と被害者ヅラ。

最初に加害したのはあなた達でしょ?

1年前に私が娘の心配ごとをポストした時、あるアカウントが

モンタさんに相談されてはいかがでしょうか?

と、メッセージをくれたのですが、

今思えばそのアカウントはモンタさん本人または奥さんなど家族の裏アカだった可能性があります。

モンタさんを応援しているアカウントは、他にもたくさんあります。

モンタさんに支援されているお子さんの親を名乗るアカウントも多い。

私の子どもは、引きこもりからモンタさんに救われました!

AとBのアカウントも

「親がダメなんだから、早く信頼できる支援者を探すべき!」

「こどもの気持ちが分かる支援者に頼むべき!」

とさかんにポスト。

X(ツイッター)は一人で複数のアカウントを作ることができます。

これらも全部、モンタさんの家族のアカウントかもしれません。

個々のポストは以前、発信元のデバイスが表示されていました。

なんという偶然か。

どのアカウントもすべて、モンタさんと同じアンドロイドスマホからの投稿していました。

iPhoneがこんなに普及している日本で、偶然でしょうか?

しかも言葉遣いは違えども、主張していることはみんな似ています。

モンタさんの本アカだけが優しいポスト。

その他は、批判ばかり。攻撃的です。

たった一人で支援事業をしているのに、

モンタさん
モンタさん

支援してほしい方連絡下さい。あと3枠です!

と毎月募集しています。

すずらん
すずらん

「あと3枠!」ってテレビショッピングの煽り文句のようです。

しかも

モンタさん
モンタさん

私が支援した子みんな、改善・復学しています!効果ははっきり言ってすごいです!

常識で考えても、みんなが改善・復学できるなんて魔法使いのようなことができる支援者がいるわけがありません。

ボランティアでなく事業としてお金を取っていながら、情報漏洩するだけでなく学校とのやり取りにも口を出してくる。

結果的にこちらに大きな被害を与えているのに「自分がかかわった家族、みんなが改善」と平気で言ってしまう。

落ち着いて考えたらかなり胡散臭い人だと分かります。

でも、子どものこととなると冷静になれないのが親と言うものです。

支援が本当にうまくいっているなら、自分で自慢や宣伝しなくても、口コミで何カ月も先まで枠が埋まるはず。

娘はモンタさんと契約する前から登校を始めていました。

そしてやり取りを始めてすぐに、修学旅行がありました。

イベントが好きなので修学旅行は必ず行きます。

なのにモンタさんは、まるで自分の手柄かと思わせるポストをしてました。

モンタさん
モンタさん

登校しぶりの中3女子、修学旅行に参加できました!
私とやりとりしてる子たち、今月もみんながんばってます!

子どもをほめているふりをして、自分の宣伝をしているのです。

更に取り巻きが

みんないい方向に進んでいるのですね!やっぱりモンタさんはすごい!

とほめほめポスト。

モンタさんと縁を切るとすぐに、娘の洗脳が解けた

毎日何かしら連絡してきていた人といきなり縁を切ったら、娘が動揺するのではないか?

と心配しました。

モンタさんの悪口はなるべく言わず、

すずらん
すずらん

初めから半年契約のつもりだったし、モンタさんか言うことは事実と違うことも多くてお母さんが混乱するから、契約終わりにしたよ。

と告げました。

その前にモンタさんが電話をするようにLINEメッセージを送って来ていたので、娘は電話してしまったそうです。

娘

わかった。電話してしまう前に言ってほしかったよ。

と言って終わりでした。

多少はショックを受けるかと思ったら、

  • しぶっていたお風呂に入るようになる。
  • 親子関係が良くなる。(元に戻る。)
  • モンタさんとの契約中、なぜか冷たくしていた弟と仲良くなる。
  • モンタさんと契約を切る前から取り組み進んでいなかった、イラストコンテストに応募できた。
  • 勉強をするようになる。

と拍子抜けするぐらい状態が良くなりました。

契約を切った2、3日後にはモンタさんとのLINEトークを、娘は自ら削除していました。

すずらん
すずらん

半年以上もやり取りしていたのに、何の情もないのか?

と、私が驚いたぐらい。

モンタさんが

モンタさん
モンタさん

娘さんが今やっているのは、私が頼んでることです。

こちらの子の影響を受けてます。

と言ってたのは、モンタさんが自分の都合の良いように勘違いしていただけ。

モンタさんが言うほど娘は懐いていませんでした。

すずらん
すずらん

これがギフテッド、ASDの過剰適応です。

娘の方が無意識に気を使って、モンタさんに合わせていたのですね。

モンタさん
モンタさん

私を頼ってきた子とその家族は絶対守ります!

とモンタさんはポストしていますが、

裏を返せば、

自分に懐かない子どもとその家族は、たとえ地獄に落ちても構わない。

が本音。

本当の支援者なら自分がまだ理解できない子、力が及ばない子がいると気づけるはず。

例え自分に感謝してくれなくても、その子と家族の幸せを願うはずです。

モンタさんの知り合いから嫌がらせされているのを訴えても対処をせず、逆に「他人のプロフィールをメールで送るな!」と責める。

嫌がらせは、その後も数カ月続きました。

今でも私たちの情報がどこまで広がっているのか分からず。

不安です。

顧客の個人情報管理がずさんな人が子どもの支援をするのは、止めてほしいです。

そして

モンタさん
モンタさん

私とやり取りしている子、みんな改善しています!

なんて絶対ありえないので、言わなければいいのにと思います。

ギフテッド、ADHD、ASD、起立性調節障害、場面緘黙症、子どもが住んでいる地域の教育制度、支援している子が通っている学校のこと、ましてや個人情報の管理方法などは。

事業としてお金をもらって支援するなら、熟知していないといけない。

基礎となる知識や経験ないのに、リモートで支援するのは無謀です。

もっと身近な範囲のお子さんに限定して、支援したらいいと思います。

全国の不登校問題を一人で解決できるかのような、思い上がりは止めてほしいです。

それから取巻きの方たちがモンタさんがきっかけで子どもが復学して満足しているならば、それは結構な事。

親を悪者にすることでモンタさんが子どもの気を引いていることに気付かないなら、幸せなんだと思います。

でもそういう家族ばかりではない。

モンタさんが合わない支援をしてきたことは目をつぶるとしても、

  • 親の不安をあおり娘を誘導して契約を引き延ばす。
  • 個人情報を漏らす。
  • 契約が終わった後にSNS上で「感謝しないなんて、裏切り者!」と嫌がらせをする。

事業として顧客からお金をもらっているのに、感謝してくれないからと逆恨みするのは明らかにおかしいです。

モンタさんの表の顔と裏の顔は全く違います。

承認要求が強く、陰湿。

2回に渡るこのブログの記事を読めば、信頼できなかった理由はわかるはず。

すずらん
すずらん

自分の支援方針を明らかにされている方に、できれば実際に合ってからお願いすることをお勧めします。

※モンタさんは仮名です。もし実在する支援者でモンタさんと言う方がいらしたら、それは別人です。

林修先生で有名な、東進ゼミナールと中学受験塾の四谷大塚がコラボした東進オンライン学校が登場しました。

先生の質が高く、

小学生は1学年上で申し込むことができる。

算数は2学年分の授業が受講可能。

そしてなんと、中学生はどの学年でも先取りや復習ができます。

ギフテッドや2Eの子にもピッタリですね。

\14日間お試し入会キャンペーン実施中/

サービスがどんどん充実してきています。

最新情報は、資料請求して確認してくださいね。