【Lenovo】レノボの小学生マイクラ用おすすめノートパソコン4選

アフィリエイト広告を利用しています。
マイクラ用パソコン4選 高IQ・2E教育

日本の子はスマホの使用率は高いのに、パソコンの使用率が低いというデータがあります。

今お金を稼げるようになっている人は、早いうちからパソコンを触っていた人が多いです。

一般の企業でも、もう何年も前からパソコンが使える人が重用されます。

外国人労働者が増えている今、パソコンが使えなくては仕事を奪われるか外国の方の下で働くしか選択肢がなくなります。

その不安についてこの記事で、詳しく書きました。

パソコン使用率が発展途上国以下の日本の子。スマホよりもパソコンをお勧めする理由。

スマホやタブレットは寝転びながら使えるし操作もパソコンに比べて簡単ですが、アプリの機能はパソコンの簡易版であることが多いです。

パソコンよりも先に、スマホやタブレットの操作に慣れてしまうとスキルの幅が狭くなります。

小学校低学年から慣れてしまってパソコンを使おうとしない子もいます。

一日中スマホやゲーム機ばかりさわってる

一日スマホをさわっていたり、ゲームばかりをやりたがるのは、他に楽しいことを見つけられないから。

特にギフテッドや2Eは、好奇心を満たす刺激を求めています。

スマホよりも先にパソコンを買ってあげて興味を広げてあげて下さい。

パソコンで何をさせたらいいの?

タッチタイピングを覚えた後は、

すずらん
すずらん

パソコンに慣れるためにゲーム感覚で操作が学べる、マインクラフトがおすすめですよ

タッチタイピングはまだと言うお子さんは、次の記事を参考にしてください。

こちらの記事では学習に最適で、マインクラフトも楽しめるレノボのパソコンをご紹介しています。

  1. マインクラフトの良さについて
  2. パソコンを買うなら、直販サイトがおすすめ
  3. まずは世界で一番売れているレノボのパソコンを見てみる
  4. マインクラフトにおすすめのパソコンスペック
  5. Lenovo Legion Slim 5i Gen 8 – ストームグレー
    1. 【メリット】
      1. 1.プロセッサーが高性能
      2. 2.優れたグラフィックス性能
      3. 3.高解像度のディスプレイ
      4. 4.冷却システム
    2. 【デメリット】
      1. 1.値段が高め
      2. 2.本体サイズはやや大きめ
      3. 3.重さがある
  6. Lenovo LOQ 16IRH8 
    1. 【メリット】
      1. 1.プロセッサーが高性能
      2. 2.優れたグラフィックス性能
      3. 3.内臓カメラが高性能
      4. 4.LANポートが標準装備
      5. 5.低価格
    2. 【デメリット】
      1. 1.SD(microSD)カードリーダーがない
      2. 2.液晶の解像度が物足りない
      3. 3.重い
      4. 側面と後ろの排気部に青のカラーリングがされているので、派手な印象。
  7. Lenovo IdeaPad Gaming 370i – オニキスグレー
    1. 【メリット】
      1. 1.プロセッサーが高性能
      2. 2.優れたグラフィックス性能
      3. 3.内臓カメラが高性能
      4. 4.LANポートが標準装備
      5. 5.低価格
    2. 【デメリット】
      1. 1.SD(microSD)カードリーダーがない
      2. 2.液晶の解像度が物足りない
      3. 3.重い
      4. 4.背面にLANポートが標準搭載。
  8. Thinkbook 16p Gen3
    1. 【メリット】
      1. 1.プロセッサーが非常に高性能
      2. 2.優れたグラフィックス性能
      3. 3.高精細なディスプレイ
      4. 4.セキュリティ機能充実
  9. レノボの学割サイトは低価格のパソコンが充実
  10. レノボのゲーミングPCが期間限定セール中
  11. 直販サイトでオプション選びに迷ったら

マインクラフトの良さについて

ゲーム感覚でコマンドやプログラミングを覚えながら、英語力も身に付きます。

タイピングがまだうまくできない低学年でも、操作を覚えるのが簡単です。

特にWISCの知覚推理の値が高いお子さんは、想像力や空間認識能力が高いはず。

マイクラでは、ブロックを組み合わせて自由に建物を建築することができます。

息子は、”クリエイティブモード”で建物の建設や道を作ったり、トロッコのレールを引いたりと、街づくりにはまっていてモンスターと戦うことはしません。

マインクラフトを任天堂スイッチでプレイしている子が多いですが、パソコン版が圧倒的にお勧めです。

コマンド操作をするには、パソコンのキーボードで文字を打つ方が簡単だからです。

パソコンの方が画面が大きいので、楽しく建築や街づくりができます。

パソコンは持ち歩きに不便なので、友達とはLINE、モクリ、Discordなど無料で通話やチャットができるアプリを使いながらオンラインで遊びます。

パソコンを買うなら、直販サイトがおすすめ

パソコンは家電量販店で買うよりも、LENOVO(レノボ)などのメーカ-直販サイトで買うことをお勧めします。

パソコンに限りませんが、家電量販店では売れ残り品など店員が売りたい製品を勧めてくる場合が多いからです。

店員さんが勧めてくれるこのパソコン、本当にお買い得なの?

いろいろなメーカーの製品が混在しているので、よほど詳しくないと判断できません。

CPU一つとっても、Intel core7やRyzen7だからOKかと言うとそうでもなく、

世代が違えば、Intel core5やRyzen5の方が性能が上の場合があります。

直販サイトなら当然ですが、値段が高い順にスペックが良くなるので素人でも判断しやすいです。

まずは世界で一番売れているレノボのパソコンを見てみる

どの直販メーカーがいいか迷ったら、レノボがおすすめ。

大量生産なので部品を安く仕入れることができ、性能のわりに価格が安いからです。

一定以上の性能が必要なゲーミングパソコンも他のメーカーに比べてお手頃に購入できます。

サポートセンターはNEC に委託しているため、トラブル時も安心

電話は早くつながるし、修理時も対応が早いです。

もちろん、電話に出るのは日本語を違和感なく話せる方です。

レノボのノートパソコンは我が家は3台持っています。

今回はマイクラなどのゲームができて、なおかつ子どもの学習にピッタリのパソコンを4つご紹介します。

レノボはお手頃価格の商品はすぐに売切れてしまうのが難点ですが、売切れてしまってもどれかは購入可能です。

画面サイズは全て16インチ。

マインクラフトなどのゲームをするには、なるべく大きい画面の方が迫力があるので楽しいです。

5~10年は使えるものを選びました

マインクラフトにおすすめのパソコンスペック

マインクラフト用のパソコンは、どの直販サイトのどんなパソコンを選べばいいの?

マインクラフト用のパソコンは、次のスペックを満たしていればOKです。

CPUCorei5/Ryzen5シリーズ以上
メモリ8~16GB
グラフィックスGTX1060以上
ストレージ256GB~1TB SSD

マインクラフトなどのゲームを行うには、少しだけ高い性能のグラフィックボード(グラボ)があると快適に動作します。

ノートパソコンは性能の低いオンボードのグラフィックボードしか搭載していない場合が多いですが、レノボは違います。

NVIDIA社の GeForceシリーズが搭載されているものを、用途に応じて選ぶことができます。

これからご紹介する4つのパソコンは全て基準を満たしているので、好みで選んでOKです。

Lenovo Legion Slim 5i Gen 8 – ストームグレー

Lenovo Legion Slim 5i Gen 8 – ストームグレー

CPUインテルCore i5-13500H プロセッサー
メモリ16GB
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU 6GB GDDR6
ディスプレイサイズ16インチ
解像度WQXGA液晶 (2560 x 1600)
ストレージ512GB SSD
内蔵カメラ1080p FHDカメラ (電子式プライバシーシャッター付)
価格学割適用で14万円~
重さ2.5kg

こちらのパソコンは20万円以上なのですが、学生割引の適用で15万円弱で購入できます。

この記事で紹介しているパソコンの中で今一番お買い得です。

購入を考えている方は以下のリンクで入り学生登録してから、カゴに入れて下さい。

家族のパソコンの購入でも大丈夫です。

【メリット】

1.プロセッサーが高性能

インテル® Core™ i5-13500H プロセッサー搭載

高速でパワフルな処理能力を持っているので、ゲームやクリエイティブな作業がストレスなく快適です。

2.優れたグラフィックス性能

10万円台半場の価格Kですが、グラフィックスカードNVIDIA GeForce RTX 4050 。

マインクラフトをプレイするのには十分すぎるほどですし、動画編集や画像処理もスムーズに行えます。

3.高解像度のディスプレイ

ノートパソコンは液晶がフルHD(1,920x1,080)が標準的。

それより上の2.5K液晶 (2560 x 1600)なので、動画や写真の画像が細部まで鮮明に見えます。

テレビや外部モニターなどの大きな画面に接続してもそん色ない解像度です。

4.冷却システム

背面部分のややとび出た部分に排気口や端子類が配置。

内部に余裕ができるため冷却性能がすぐれています。

そのため長時間の使用でも、高いパフォーマンスを維持できます。

【デメリット】

1.値段が高め

グラボがNVIDIA GeForce RTX 4050 、ディスプレイ解像度2.5K液晶 (2560 x 1600)と高性能なので、先に紹介している10万円代前半のパソコンよりも値段は高めになります。

購入するなら学割が適用される今がチャンスです。

2.本体サイズはやや大きめ

ゲーム用に作られ、冷却システムがしっかりしているので本体サイズは大きめになります。

3.重さがある

2.5kgの重さがあり、家の中での移動なら問題がありませんが外出のお供には向いていません。

Lenovo LOQ 16IRH8 

Lenovo LOQ 16IRH8 

CPUIntel Core i5-13420H
Intel Core i7-13620H
メモリ16GB
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 / 4050 //3050 Laptop GPU
ディスプレイサイズ16インチ
解像度1920 x 1200
内蔵カメラ1080p FHDカメラ (電子式プライバシーシャッター付)
ストレージ512GB SSD
価格11万9千円~
重さ約 2.6kg

レノボの新しいゲーミングブランド「LOQ」シリーズ、第一弾です。

次に紹介するエントリーゲーマー向け、IdeaPad Gamingからこのシリーズに置換わるそうです。

【メリット】

1.プロセッサーが高性能

Intel core5 / Ryzen5以上のCPU搭載。

ゲームはもちろん、仕事で動画や画像編集作業にも対応できます。

2.優れたグラフィックス性能

NVIDIA® GeForce® RTX™ 3050 Laptop GPU 4GB GDDR6 または、

NVIDIA® GeForce® RTX™ 3060 Laptop GPU 6GB GDDR6

グラフィックスカード搭載。

Modを複数入れても安定して動作します。

マインクラフトをプレイするのには十分ですし、動画編集や画像処理もスムーズに行えます。

3.内臓カメラが高性能

レノボのノートパソコンの中で一番解像度が高い、1080p FHDカメラ (プライバシーシャッター付)を搭載。

ZoomやGoogle Meetなどを使用する場合、きれいに映るのでオススメです。

4.LANポートが標準装備

ゲームをオンラインでプレイするのなら、有線でLANにつなぐ方が安定しています。

LANポートが標準で搭載されいるので、Wi-Fiの調子が悪い時でも安心です。

5.低価格

ゲーミングPCとしては低価格帯の部類に入ります。

コストパフォーマンスに優れています。

【デメリット】

1.SD(microSD)カードリーダーがない

写真や動画の取り込みに必要な方は、下のような外付けのカードリーダーを購入して下さい。

Lenovo ULenovo USB Type-C 7-in-1 ハブSB Type-C ミニドック

2.液晶の解像度が物足りない

1,920 x 1,080のフルHDは、ノートパソコンでは一般的な解像度。

マインクラフトには十分ですが、高解像度のゲームには対応しきれないことがあります。

3.重い

2.6kgの重さがあり、持ち運びには少し重いです。

側面と後ろの排気部に青のカラーリングがされているので、派手な印象。

デザイン好みが分かれる所です。

販売されたばかりで在庫があるので、納期が早いです。

とは言え、10万円台レノボのノートパソコンはすぐに売切れます。

検討しているなら、お早めに。

Lenovo IdeaPad Gaming 370i – オニキスグレー

後継機は、先に紹介したLenovo LOQ 16IRH8 です。

IdeaPad Gaming 370i

CPUIntel core5/Ryzen5以上
メモリ16GB
グラフィックス NVIDIA® GeForce® RTX™ 3050 Laptop GPU 4GB GDDR6
ディスプレイサイズ15.6インチ
解像度WUXGA液晶 (1920 x 1200)
ストレージ512GB SSD
内蔵カメラ 1080p FHDカメラ (プライバシーシャッター付)
価格11万円~
重さ2.6kg

【メリット】

1.プロセッサーが高性能

Intel core5 / Ryzen5以上のCPU搭載。

ゲームはもちろん、仕事で動画や画像編集作業にも対応できます。

2.優れたグラフィックス性能

NVIDIA® GeForce® RTX™ 3050 Laptop GPU 4GB GDDR6 または、

NVIDIA® GeForce® RTX™ 3060 Laptop GPU 6GB GDDR6

グラフィックスカード搭載。

Modを複数入れても安定して動作します。

マインクラフトをプレイするのには十分ですし、動画編集や画像処理もスムーズに行えます。

3.内臓カメラが高性能

レノボのノートパソコンの中で一番解像度が高い、1080p FHDカメラ (プライバシーシャッター付)を搭載。

ZoomやGoogle Meetなどを使用する場合、きれいに映るのでオススメです。

4.LANポートが標準装備

ゲームをオンラインでプレイするのなら、有線でLANにつなぐ方が安定しています。

LANポートが標準で搭載されいるので、Wi-Fiの調子が悪い時でも安心です。

5.低価格

ゲーミングPCとしては低価格帯の部類に入り、コストパフォーマンスに優れています。

【デメリット】

1.SD(microSD)カードリーダーがない

必要な方は、下のような外付けのカードリーダーを購入して下さい。

Lenovo ULenovo USB Type-C 7-in-1 ハブSB Type-C ミニドック

2.液晶の解像度が物足りない

1,920 x 1,080のフルHDは、ノートパソコンでは一般的な解像度。

マインクラフトには十分ですが、高解像度のゲームには対応しきれないことがあります。

3.重い

2.2kgの重さがあり、持ち運びには少し不便。

4.背面にLANポートが標準搭載。

側面と後ろの排気部に青のカラーリングがされているので、 IdeaPad Slim 560 Proよりは派手な印象。

デザイン好みが分かれる所です。

Thinkbook 16p Gen3

Thinkbook 16p Gen3

CPURyzen7 6000シリーズ
メモリ16GB
グラフィックスNVIDIA® GeForce® RTX™ 3060 6GB GDDR6
ディスプレイサイズ16インチ
解像度2.5K液晶 (2560 x 1600)
内蔵カメラ1080p FHDカメラ (プライバシーシャッター付), マイク
ストレージ512GB SSD
価格14~18万円
重さ1.99kg

ThinkBook 16p Gen3は、ビジネス向けに設計されたノートパソコンです。

こちらは私が仕事で使っているパソコン。

15万円前後で少し値が張りますが、もしも余裕があるならゲーム以外のクリエイティブな作業でも不満なくできるのでオススメです。

【メリット】

1.プロセッサーが非常に高性能

Ryzen7以上のCPU搭載。

高速でパワフルな処理能力を持っているので、快適なゲーム体験やクリエイティブ作業ができます。

2.優れたグラフィックス性能

グラフィックスカードは、NVIDIA® GeForce® RTX™ 3060 6GB GDDR6搭載

マインクラフトをプレイするのには十分ですし、動画編集や画像処理もスムーズに行えます。

高解像度でのゲームプレイや3D作業にも対応しています。

3.高精細なディスプレイ

ノートパソコンは液晶がフルHD(1,920x1,080)が標準的。

それよりもハイレベルな2.5K液晶 (2560 x 1600)なので、動画や写真の画像が細部まで鮮明に見えます。

テレビや外部モニターなどの大きな画面に接続してもそん色がない解像度です。

4.セキュリティ機能充実

指紋認証や顔認証などの生体認証でログインできます。

レノボの学割サイトは低価格のパソコンが充実

学割サイトには、高スペックで低価格のパソコンがそろっています。

学生、保護者、教職員、予備校生は、特別割引で購入が可能。

掘り出し物が見つかるかもしれません。

\学割なら最大57%オフ!/

レノボのゲーミングPCが期間限定セール中

ただいまセールになっているゲーミングPCは、以下のリンクで見ることができます。

\レノボゲーミングPC期間限定セール会場へGo/

売切れていた時の為に、HPとDELLのマイクラ用ノートパソコンのおすすめ記事も書いています。

直販サイトでオプション選びに迷ったら

簡単にどのオプションを選べばいいか説明した記事です。