【不登校、引きこもり支援ビジネスに要注意!】支援者と契約を打ち切るまで

アフィリエイト広告を利用しています。
不登校支援者と契約を打ち切るまでの話 学校教育・不登校等

X(旧Twitter)には『不登校、引きこもり支援』というお仕事をされている方がいます。

オンラインスクールやフリースクールを経営する方、 相談に乗ってくれる方、様々です。

私たちの地域とは離れた場所に住む支援者に、リモートで娘の支援をお願いしました。

この支援者をモンタ(仮名)さんとここでは呼びます。

モンタさん
モンタさん

他の人とはちょっと違うやり方で、不登校や引きこもりの子を導きます!

コミュニケーション力抜群のこのモンタが!コミュ障を改善します!

娘の精神状態が安定し、学校に楽しく通えることを願ってのこと。

電話とLINEのみで娘とやり取りしてもらっていました。

しかし私に何も相談せずに、自分の都合のいい方に娘を誘導していると気づき、慌てて契約を終わりにしました。

  • こども目線で対応
  • 子どもの気持ちが分かる
  • たくさんの親子とやりとりした経験あり

が売りの方でしたが、娘のような2Eには接したことがなかったのか、ミスリーディングばかりでした。

モンタさん
モンタさん

親の方が見逃しているところを外部から客観的に見つけてアドバイスします!

私が見逃しているところが見つけてくれるどころか、ひっかきまわされて大混乱。

モンタさんが運営するブログには、

「うちの親はおかしい!」

「学校の先生は、助けてくれない!」

「分かってくれるのはモンタさんだけ!」

と自分の親や教師をうらみモンタさんを賛美する、元不登校のお子さんが書いたとされる記事が多く掲載されています。

モンタさんが支援して、完全な引きこもり状態から学校に行けるようになるお子さんもいるとのこと。

でも今は登校できているとしても、親や先生、カウンセラー等、モンタさん以外の大人に対する恨みでいっぱい。

読んで気分が悪くなり吐き気がしました。

そしてそれが何故なのか、理由が分かりました。

支援している子が、自分の親に不信感を持つよう誘導する。

親から引き離していき、モンタさんとその仲間の子ども達に依存させていく、、、

そんな方法をとっていました。

すずらん
すずらん

気づいた時は背筋が凍りました。

こどもの目線も気持ちも、子どもの数だけあります。

モンタさんが得意とするのは、親子関係が既に悪くなっている家庭の親と

親に不信感を持っているお子さんの間に入り、話を聞いてあげて理解を示して仲間に引き込むことだったのだと気付きました。

人とつるむことに興味がないギフテッドや2Eの子には、モンタさんのやり方は到底向きません。

この記事にたどり着いた方が、私のように無駄な時間や費用を使って支援をお願いした挙句、親子関係が崩れないようにと願います。

長くなりますので、契約を打ち切るまでをここに。

個人情報を漏らされたり、契約終了後に嫌がらせを受けた話は、リンク先の記事に書いています。
【不登校ビジネスに要注意】契約終了後の嫌がらせと個人情報漏れの恐怖

不登校支援者、モンタさんにお願いした理由

娘が通う中高一貫校は、中3の状況で高校へ進学できるかが決まります。

高校進学の三つの条件
  • 欠席、遅刻、早退の合計が既定の日数を超えないこと
  • 成績に1が一つもないこと
  • 生活態度に問題がないこと
娘

高校へそのまま進学したい!

と娘は強く決心していたので、中3から登校するようになりました。

しかし、登校途中で過敏性腸症候群のため動けなくなり、欠席と遅刻が多い。

すずらん
すずらん

このペースでは、基準の日数を超えてしまうかも?

娘が進学を希望しているので、なんとか行かせてあげたい。

困っているときは藁にもすがりたい気持ちになります。

すずらん
すずらん

私の娘や学校への働きかけは正しいのかな?

誰かに相談したい時もありますよね。

X(ツイッター)上で子どもとその保護者とみられるアカウントから賛美されている支援者がいました。

それがモンタさんでした。

モンタさんは

モンタさん
モンタさん

こどもに世の中の楽しいことをたくさん教えてあげて、辛いときも踏ん張れるようにしする!

という方針とのこと。

私も夫も堅物なので「本当の人生の楽しさ」を教えてあげられる自信がありません。

モンタさんは、「子どもの心を掴むのが得意」という自信にあふれていました。

「生きる楽しさ」を娘自身が手に入れたら、人生は今後良いものになるだろう。

親の私もモンタさんの顔を見たことがなく、電話とメールだけのやり取り。

不安ではありましたが、

すずらん
すずらん

後悔するよりは、ものは試し。思い切ってお願いしてみよう。

と決心。

後に起こることなど、想像もできていませんでした。

モンタさんとやり取りがスタート

「事業で支援をしている」という、モンタさんから送られてきた契約書はA4用紙1枚。

  • 5か月を目途に不登校、引きこもりを改善。
  • 状況によって、安価で継続することができる。
  • 個人情報保護に努めます。

という内容でした。

連絡手段は電話がメイン。

「今から電話いいですか?」とショートメールで連絡が来たら「はい」と返信すると電話がかかってきます。

電話が嫌いな私は、初めはモンタさんのGmailアカウントにメールを送りました。

ですがそのメールに返信が来ることは、一度もありませんでした。

いつも「電話をかけていいですか?」とショートメールが来て、その後電話で話します。

「世の中の楽しさを教える」とは具体的にはどんな方法で行うのか?

質問しないまま、娘とLINEでつなげてしまいました

後で仰天することになるとは少しも思わずに。

期待の方が大きかったです。

他人がASD娘の本心を理解するのは難しい

娘との連絡手段も電話が中心。

娘は言語IQが突出して凸なので、短時間電話で話す分にはとても快活な子に思われます。

私がそこで娘は、

  • 過剰適応して仮面をかぶりながら人と接していること、
  • 楽しいと思うことが他の子と違うこと

をいくら説明しても

モンタさん
モンタさん

誰でもそういう面はありますよ。
娘さんと話す限り、普通かな。

と「普通」を強調。

「娘はASDなので、、、」と言うと、

モンタさん
モンタさん

お母さんがそんな風だと、娘さんがかわいそう。

と言われてしまいます。

私は娘が「ASDだからかわいそう」なんて、まったく思っていません。

「娘さんは本当はそうではない。お母さんがそんな風に思うなんて娘さんがかわいそう」

と言われるたびに「何も分かっていないくせに!」と苛立ちを感じていました。

それでも

すずらん
すずらん

たくさんの子どもと関わってきた人だから、

私も学べることがあるはず。

と反感を押さえました。

期待の方が大きかった。

モンタさんは「どんな子ともすぐに打ち解け、信頼してもらえる」という自信にあふれていました。

ところがモンタさんからメッセージが来ても娘はスマホの存在すら忘れています。

なかなか返信しません。

モンタさんから私に娘の様子をさぐるようにと連絡が来る度、リビングに置きっぱなしのスマホを届けていました。

モンタさんのアドバイスでかえって悪い方向へ

すずらん
すずらん

私にべったりの娘がモンタさんを信頼してくれるようになれば、私の肩の荷が少しは下りて楽になるよね。

すずらん
すずらん

他のカウンセラーや相談員、私では気づかないことに気づいてくれたりするのかな?

そう思って期待していましたが、

モンタさんは娘が調子がいいときには、

モンタさん
モンタさん

娘さん、確実に強くなってますよ!

と言うのに、調子が悪いときは

モンタさん
モンタさん

このままだと娘さん、高校へ行けても途中で止めちゃうと思います。

不安にさせるだけさせて、「ならば、どうすればいいのか?」具体的な提案がありません。

それを解決したいから、お願いしたのに。

助かるどころか、かえって不安にさせられました。

モンタさん
モンタさん

娘さん、学校でのカウンセリングが嫌みたいです。

スクールカウンセラーと話したって、娘さんが毎日学校へ行けるようになるわけじゃないですよね。

モンタさん
モンタさん

カウンセリングはお母さんは行かない方がいいです。

普通は、親に学校に来てほしくありませんから!

こう提案されたので私が学校へ足を運ぶのを控えしまったために、先生方の心象を悪くしてしまいました。

娘が入学した直後からずっとつながり、築いてきたスクールカウンセラーとの信頼関係をもう少しで壊してしまうところでした。

必死に謝ったら、誤解は解けたから良かったものの。

のちに娘に確認すると、

娘

お母さんが来てくれるのは嬉しいよ。

忙しいのに悪いなと思うことはある。

と言うのです。

娘は少しも私が学校へ行くことを嫌がっていませんでした。

モンタさん
モンタさん

娘さん、担任の先生が好きじゃないみたいですよ。

所詮学校の人だからね、先生は。

これもモンタさんとの契約を切ってから娘に確認したところ、

娘

えっ?いい先生なのに、私がそんなこと言うはずないよ。

娘は担任の先生をとても信頼していました。

ありがたいことに高校へ引き上げてくれたのは、このスクールカウンセラーと担任の先生です。

モンタさんのアドバイスを鵜呑みしたせいで関係が悪化したままだったらと思うと、今でもゾッとします。

私立は学校のやり方に従えない生徒は退学するしかありません。

なのに、モンタさんは

モンタさん
モンタさん

担任の先生は保身に走っていますね。

私なら、学校と一線を交えます。

と、私に学校と喧嘩をするように仕向けてきました。

どう考えても、担任の先生の対応は常識の範囲です。

娘の学校は私立の中でもかなり理解がある方で、できるだけ配慮しようとしてくれていました。

モンタさんの考え方の方が、常識から大きく外れていました。

こちらの地域の学校のことをよく知らないのに、口出しするべきではありません。

また別の日、機嫌よく登校したはずの娘が、通学途中で電話をかけてきました。

娘

お母さん、なんだか急に学校行くのが嫌になっちゃった。

モンタさんが、登校中に余計なメッセージを送っていたのです。

モンタさん
モンタさん

今日は疲れてないか?学校へ行けそうか?大丈夫か💦

モンタさんに返信しないで、私に電話をかけてきました。

モンタさんに懐かない娘

モンタさんは一日に1回は娘とメッセージか電話で連絡を取っていました。

娘にはそんなに頻繁にやり取りする友達はいません。

だからコミュニケーションに自信があると言うモンタさんなら、娘とすぐに信頼関係を築けるはずだと思っていました。

ですが私やクリニックの先生、スクールカウンセラーの話の中にモンタさんは全くと言っていいほど出て来ません。

医師
医師

中3になって、学校に行けるようになったのはどうして?

と聞かれると

娘

高校へ進学したいから何とかがんばっています。

それから、睡眠時間を多く取るようにしました。

と答えます。

すずらん
すずらん

支援者さんのおかげもあるよね?

と聞いても

娘

うーん…分からない。

と明らかに存在を忘れているのです。

すずらん
すずらん

娘が情が薄いのかというとそうではありません。

大好きな人はよく話に出て来ます。

でもモンタさんは

モンタさん
モンタさん

メールもスムーズに返してくれるし、やり取りうまく行ってます!

モンタさん
モンタさん

娘さん、前よりもずっと強くなっていますよ!

と報告してきました。

「うまく行っている」はずなのに、夏休みが終わるころまた娘のウツ症状が再発。

娘はスマホを見もしません。

モンタさんの存在は完全に忘れている様子。

すると、モンタさんは、

モンタさん
モンタさん

私もお母さんも、娘さんが強くなったと思っていたけど、

強くなっていなかったんですよ。

「弱いから学校へいけない。」と考えるモンタさん。

私はそう思っていません。

「やはり行けなくなったか。」と言う気持ちでした。

夏休み明け、文化祭の準備で元気になる

新学期が始まり、しばらく遅刻や欠席が多い日が続きました。

でも、イベントが大好きな娘。

文化祭の準備が始まったら、毎日登校できるようになりました。

娘は興味があることには、人が変わったように行動的になります。

すずらん
すずらん

楽しみな目的があれば、娘は学校に行くんです。

このように言うとモンタさんは

モンタさん
モンタさん

いや、違うな。

文化祭の準備だって、それが長く続いたら娘さんまた登校できなくなるよ。

と不安にさせるだけでした。

すずらん
すずらん

ちなみに「楽しみな目的があれば、娘は学校に行く」は、高校に進学してから証明されました。

娘が塾ならいけるのに登校はできなかった理由について、カウンセラーと私の意見が一致していました。

なのに、モンタさんは

モンタさん
モンタさん

私たちの考えとは違う。どちらを信じるかは、お母さん次第。

と言うのです。

すずらん
すずらん

どちらを信じるかって何?「一人一人に対応する」のが売りじゃなかったの?

娘にとって何が正解か。

それを考えればいいのであって、

他人の意見を信じるかなんて、どうでもいい。と言うかこの場合カウンセラーさんの考えが正解でした。

不登校児の対応に、絶対の自信を持っているモンタさん。

でも、ASD、2E、ギフテッドについてはあまりにも無知でした。

本田秀夫先生の存在も知りませんでした。

子どもを学校に合わせるのではなく学校側が変わるべき

と説得力のある説明と共に言い切ってくださる本です。

特に「感覚過敏」の為にほとんどの子供にとっては楽しいことが、とても苦痛になってしまう点について書かれています。

本田先生を知らずして、発達凸凹児の不登校を語るな!

と思います。

それなのに、よく知ったかぶりのツイートをします。

モンタさん
モンタさん

AsDでも大丈夫。支援できます!

すずらん
すずらん

なぜまん中の”S”が小文字なの?
いやいや、全然わかってないでしょ。

Xのポストによく#ASD とつけているのですが、

すずらん
すずらん

ASDの何を知ってるのよ。

と言いたくなります。

契約を終了する予定だったのに、延長することになった理由

2学期は、文化祭や体育祭などイベントが続きました。

イベントには必ず参加する娘です。

「まだ遅刻は多いけど、進学基準は満たせるだろう」と見込みが立ってきました。

モンタさんと契約してから、6カ月になりました。

もともと「5か月を目途に改善」と契約書に書かれていたし、モンタさんの的外れなアドバイスが多いやり取りに私も疲れていました。

今月で契約は終わりでいいですか?」とモンタさんに聞かれたので、

はい!」と答えました。

モンタさんにとって、娘などリモートの支援事業は副業。

本業では、どこかは不明ですが福祉施設でお子さん達の面倒を見ているそう。

モンタさん
モンタさん

そうですか、、、こちらの子たちとやり取するのが、娘さん楽しいみたいなんです。

今月で私とのやり取りが終わりと話したら、ショックを受けた様子でした。

モンタさんからそう言われると、

すずらん
すずらん

少しでも娘をがっかりさせてしまったら、また登校できなくなるのではないかしら?

という不安が襲ってきました。

娘に、モンタさんとお契約を続けたいかと聞くと

娘

他人と約束しないと、登校できるか不安。

モンタさんのお世話する子達とやりたいことがある。

と答えるので、契約を1、2カ月延長することにしました。

すずらん
すずらん

もうすぐ高校生だから、私にべったりな娘も少し親離れしないといけないかな。

そう考えていたことも一因。

夜不安になると私の寝室に来ていっしょに寝たり、悲しくなると学校から電話をしてくるなど、

娘が私に依存している様子をモンタさんが知ると

モンタさん
モンタさん

娘さんかなり幼いですよね。そういう時は突き放すべきでは?

と促されました。

知的な面が発達している代わりに、他の面で年齢より幼いところがあるのは非同期発達といい、ギフテッド、2Eには多いのですが。

モンタさんは発達系の知識がないので理解できなかったのです。

噴き出した不信感

モンタさんのお世話しているお子さん達から娘に、次々と手紙が届くようになりました。

娘は手紙を置きっぱなしにするので、読んでみると

〇ちゃん(娘)はいつまでモンタさんとやりとりするの?私たちといっしょに活動しない?3月まではモンタさんとやり取りしてほしい。私はモンタさんと出会って変われたから。

と、どの手紙もモンタさんとのやりとりを継続するように促していました

娘と関わろうとしてくれる子がいるのは嬉しくも感じました。

その子達との関わりを娘が楽しんでいるかのように、モンタさんも私に伝えてきます。

一方で、モンタさんに任せていると娘は勉強をする様子が全くありません。

ほとんど登校できなかった前年度よりも、なぜか成績は下がりました。

英検の試験が迫っているのに、教材を開く様子もない。

明らかにやっていないのに「勉強した」と嘘までつくように。

それまでは娘が多少なりとも「モンタさんやモンタさんの仲間の子たちに懐いているなら」と思っていましたが、

すずらん
すずらん

モンタさん、娘とどんなやり取りしているの?

何やってくれているのかさっぱりわからない。

次第に不安になっていきました。

このころからモンタさんは私にはめったに連絡はなく、電話で話す時も聞き役。

モンタさん
モンタさん

お母さんのやり方でいいと思いますよ。

と何のアドバイスもありません。

試験日が近づいても娘は英検の教材に手をつけない。

学校の成績が落ちていても課題をやろうとしません。

もう後がない試験の数日前、我慢の限界が来た私は厳しめに娘に注意しました。

その後注意したことをモンタさんに伝えた方がいいと思い、一部始終をメールで知らせました。

ところがモンタさんからは、何の返事もありません。

私が注意してから娘は我に返ったように勉強を始め、英検に無事合格

学校の課題もやるようになりました。

そのことを連絡した時にモンタさんはなんと、

モンタさん
モンタさん

私が勉強のスケジュールを立てるように言ったのです!

自分で主体的にやったことにして、私が指示したことはお母さんには内緒にするようにと娘さんに言ってたんです。

と自分の手柄かのように言いました。

娘に確認すると実際は、

「お母さんの前では勉強するフリだけでもした方がいい。本当にやらなくてもいいから!」

と指示していたそうです。

すずらん
すずらん

保護者をバカにしてます。

勉強しているフリすら娘はしていませんでしたが。

娘が自発的に始めた趣味も。

娘が「モンタさんは関係ない。」と言っているのに

モンタさん
モンタさん

それも実は私がお願いしています。

お母さんに隠すように言ってたから、娘さんはそれを守ってくれてるんです。

と娘との信頼関係を強調するモンタさん。

娘はそんなに巧みな嘘はつけません。

そもそもなぜモンタさんから指示されていることを、私に隠さなきゃいけないんでしょう?

結局モンタさんが私にバラしてるのに?

それにモンタさん達との活動がそんなに楽しいなら、学校が終わるなり娘はLINEを確認するはず。

スマホをリビングに放置したまま、モンタさんからの連絡を見ていないのはおかしいのです。

すずらん
すずらん

勉強をする意欲が湧かない見たい、モンタさんが逆にじゃましているのでは?

疑い始めた私は、モンタさんからの報告内容を細かく追及するようにしました。

すると時系列的につじつまが合わないことや、話をかなり盛っていることが分かりました。

例えば、

私と娘は母子関係が良好なのに

モンタさん
モンタさん

「お母さんに最近よく怒られる」と娘がさんが悩んでいます。

と言うので。

「いつ娘がそう言ったのか?」と聞くと、

モンタさん
モンタさん

昨日か一昨日くらいだったかな?

と答えました。

娘のスマホの通話履歴を確認したら、モンタさんと最後に話したのは5日前。

LINEのメッセージにもそんな記録はありません。

モンタさんの作り話としか思えません。

またある土曜日、とモンタさんが次のように連絡してきました。

モンタさん
モンタさん

通学途中に娘さんが「今日は週のラストだから頑張る!」と私にメールをくれましたよ!

実際は「今日は学校か?」とモンタさんから先にLINEメッセージで送られてきたので、それに対して娘が「はい」と返信しただけ。

すずらん
すずらん

娘と打ち解けてるように偽装してるし、事実と違いすぎです。

我が家は「定期的に親がチェックする」を条件に娘にスマホの使用を許可しています。

モンタさんと娘の今までのメッセージでのやり取りをLINE履歴送信機能で確認しました。

子どもの情報機器使用については、下記の記事で書いています。

母(私)を悪者にしようとする

子どもを学校へ行かせるよりもずっと大事なのは、親子の信頼関係を壊さないことです。

ところがモンタさんは明らかに母子関係を壊そうとしているように、娘を誘導していました。

あまりに勉強しないので娘を叱ったことを報告しても、モンタさんからは何の返信もありませんでした。

ところが娘には

モンタさん
モンタさん

今日お母さんから叱られたんだってな💦

あんまり気にしないで、私と!私たちと!がんばるべし!

とLINEしていました。

娘はそのメッセージに返信していないのに、また数日後、

モンタさん
モンタさん

あの後お母さんからグダグダ言われてないか?大丈夫か?

と娘に送ってました(# ゚Д゚)

過去にも

お母さんに後でグダグダ言われるかもしれないけど、気にするなよ。」と何度か送っています。

こちらはモンタさんを信用して、めったに叱らないけど叱った時は報告していました。

腹が立ちます。

「お母さんが娘さんに注意してください!」とモンタさんから指示されたので、叱る演技をさせられることもありました。

すずらん
すずらん

娘に私はグダグダと無駄なことは言わないように心がけています。

一喝して終わりですよ。

他にも私が言っていないことを「言った」と嘘をつく。

モンタさん
モンタさん

お母さんが塾へ行かせたいと言ってたよ?

すずらん
すずらん

一度も言ってません!

そして極めつけは、

モンタさん
モンタさん

私たちといっしょにやりたいことがあるから「やりとりを延長したい。」とお母さんに言ってくださいね

すずらん
すずらん

娘が希望したんじゃなくて、モンタさんがそそのかしてるじゃない!

モンタさんは私たち親子の「関係が悪い」と決めつけているところがありました。

皆既月食があった日に、家族そろって夜空を長時間眺めていました。

もしも雨が降ればみれないので、何年かに1度しかないチャンス。

家族でとても盛り上がりました。

ところが、次の日モンタさんが

モンタさん
モンタさん

昨夜は娘さん、元気ないようでしたが何かありましたか?

と電話をかけて来ました。

すずらん
すずらん

元気でしたよ。皆既月食を家族て見ていました。

モンタさん
モンタさん

そうですか。それならいいんですが、お母さんと喧嘩しているのかと思いました。

すずらん
すずらん

???

月食を見ている間、娘はスマホを家に置いていました。

その間モンタさんから何度も着信があったのに、娘は応答できなかった。

その後も娘から、モンタさんに連絡をしないままだった。

と言うことが分かりました。

なぜモンタさんが娘と私が喧嘩していると思ったのか、分かりません。

娘と私は親子喧嘩する関係ではないのです。

すずらん
すずらん

やりとりして半年以上経つのに、モンタさんは娘の事を全く理解できていないんだ

と確信しました。

しかも娘の声を一度も聞いていないし、メッセージのやりとりもないのに

娘さん、昨夜は元気がないようでしたが。」とは、何を根拠に言っているのでしょうか?

すずらん
すずらん

正しい情報を得たくて毎月お支払いしているのだから、モンタさんの勝手な想像を言ってくるのは止めて欲しい。

憤りを感じました。

実は皆既月食の日まで、娘が少しはモンタさんに懐いていると思っていました。

きれいな写真が取れたので、「モンタさんに送ったら?」と娘に提案したのです。

しかし娘はモンタさんには送らず、違う人に送っていました。

「お母さんが最近厳しい」と言ったことがもしもあったなら、モンタさんがそう言ってほしそうだと娘がくみ取ったためです。

そういう子です。

自分たちの仲間に引きずり込もうと必死に誘導する

自分たちの仲間に入れようと、必死な様子が伺えました。

モンタさん
モンタさん

こちらの子が書いたこの詩を朗読して録音を私に送って!

(娘は朗読が得意です。)

娘に読ませるその詩には

私は今!モンタさんといっしょに一歩一歩踏み出します!

とのセリフが入っていました。

すずらん
すずらん

モンタさんを好きにさせるおまじない?

モンタさん
モンタさん

こちらの子が〇ちゃん(娘)

に手紙を書いたから転送するね。

「この前の朗読聞きました。〇ちゃん(娘)とつながりたいです。

モンタさんとは2年近くやりとりしています。

モンタさんは普通とは違うやり方で導いてくれて私は変われたので、〇ちゃんもいっしょに頑張りましょう。」

モンタさん
モンタさん

〇ちゃんのファンになったみたいです。

関わってみてもいいと思いますよ!

お子さんたちと直接つながるわけではなく、モンタさんを介してやりとりする話だそう。

契約し続けることになるので、毎月モンタさんへの支払いが発生します。

すずらん
すずらん

明らかに、契約を続けるように誘導していますよね。

怖すぎます💦

他人からの誘いを断れない娘です。

こんなに勧誘されたら、「いっしょにやりたい!」と言います。

このように相手の要望に合わせてしまうから、ASDタイプは性犯罪にも巻き込まれやすいのです。

LINEだけでもこんなに勧誘されているのだから、電話ではもっとされているはず。

録音しないかぎり記録が残らない電話のやりとりは、させるべきではありませんでした。

引きこもりではないし、体力がついてきたので、

「新しい習い事を始めよう!」

と娘とよく話していました。

それもモンタさんに話すと

モンタさん
モンタさん

今の娘さんには必要ない。

と言われていました。

モンタさんが紹介する顔の見えない子達とリモートでしかもモンタさんが間に入ってやりとりするよりも、習い事を通じて直接人と会った方がいいに決まってます。

しかも勉強以外の習い事なら、モンタさんにお支払いしている金額よりも安いですから。

勧誘するのは、私に相談してからにするべきです。

親には厳しいことを言わせて悪者にした後で、モンタさんが「ヨシヨシ」する。

こんなやり取りをこれ以上続けていたら、たいていの子は親を嫌いになりモンタさんに依存するようになるはずです。

それを知らずに親は、毎月モンタさんにお支払い。

すずらん
すずらん

道化師もいいところです。

このころ娘はやっと自分で熱中できることを見つけていました。

質問されない限り、それを他人に伝えることはしません。

それなのにモンタさんが電話やLINEでいつまでも「あーしろ、こーしろ」と指示してきたら、その熱中していることができません。

娘は断るのが本当に苦手です

学校のこともできないではないですか。

それにですよ。

モンタさんがつなげたいと思っている子ども達が、Xやモンタさんのブログで他の支援者や不登校児の親を非難しているあの攻撃的な子たちなら、絶対に!関わらせたくありません。

  1. モンタさんとのやり取りは、親子関係を壊す。
  2. トンチンカンで的外れなアドバイスばかりくれるので、かえって混乱する。
  3. 娘の目指す道が他にあるのにモンタさんの仲間に引きずり込まれては、時間を無駄に浪費する。

以上が決めてとなり、まだ契約が半月残っていましたが

契約を延長して頂いていましたが、もう大丈夫そうです。大変お世話になりました。

とショートメールで送りました。

「分かりました。」としか私には返事が来なかったのに、

登校している娘にはすぐに、

モンタさん
モンタさん

何か私とのやりとりが終わるような?

何かあったのかな?あったなら教えて。

期待していたこちらの子はかわいそうですが

学校から帰ったら電話下さい。

とLINEで送ってました。

娘に罪悪感を与えようとしています。

その後からずっと私のXのポストはモンタさんのとりまき達に読まれ続け、エアリプで今でも嫌がらせを受けています。

裏切り者!嘘つき!よくのんきにツイートしてられるな!あやまれ!こんな親だと子どもがかわいそう

こうたたかれ続けています。

なぜ裏切り者なのか、理由は書かれていません。

すずらん
すずらん

「こんな親だと子どもがかわいそう」はモンタさんが私に言っていた言葉。

私がいつどんな嘘をつきましたか?

その言葉をそっくりそのままお返ししたいです。

モンタさんが言っていた

  1. 不登校支援について教わっている大学の先生たちの資料を私に送る。
  2. 娘のプロファイル(とやら)を作ってくれる。
  3. 料金にはイベント代が含まれる。

娘はイベントに参加したことありませんし、資料も送ってくれませんでした。

結局のところ、

  • モンタさんが「私たち」と言っているのは誰なのか?
  • どんな考えをもとに支援しているのか?

が全く分かりませんでした。

契約を打切ってすぐに別のアカウントからXで嫌がらせを受けたのは、モンタさんが私たち親子の情報を漏らしているから。

つまり顧客情報保護法違反の可能性が高いです。

そのことは次の記事で書いています。

【不登校ビジネスに要注意】契約終了後の嫌がらせと個人情報漏れの恐怖

娘に合わない支援をしたことよりも、こちらの方が何倍も問題です。

恐ろしく不愉快でした。

ギフテッド・2Eタイプの子に合う支援とは

ギフテッド・2Eタイプは、不登校ぎみの子ども達とつなげればうまくいくわけではありません。

  • 同じことに興味を持っていて、お互いに知識を高め合える人。
  • 興味を持っていることについての知的好奇心を満たしてくれる人
  • 特性を理解した上で、やらなければならないこととやらなくていいことを取捨選択してくれるメンター

を老若男女問わず、たとえ一人でも見つけてあげる必要がありました。

定型発達児の不登校とは違います。

こちらの記事に詳しく書いています。

定型発達の子に好かれるタイプの人は逆に考え方にフィルターがかかってしまい、少数派のこのタイプの子どもには間違った対応をしがちです。

すずらん
すずらん

契約を切ったとたんに嫌がらせをするなんて、モンタさんは支援者ではない。

関わらなきゃよかった。

ギフテッド、2Eの子に合う支援を模索しましょう。

※モンタさんは仮名です。もし実在する支援者でモンタさんと言う方がいらしたら、それは別人です。

林修先生で有名な、東進ゼミナールと中学受験塾の四谷大塚がコラボした東進オンライン学校が登場しました。

先生の質が高く、

小学生は1学年上で申し込むことができる。

算数は2学年分の授業が受講可能。

そしてなんと、中学生はどの学年でも先取りや復習ができます。

ギフテッドや2Eの子にもピッタリですね。

\14日間お試し入会キャンペーン実施中/

サービスがどんどん充実してきています。

最新情報は、資料請求して確認してくださいね。